KNIT RED RUM NEW!!

アーティスト写真
(c) Naoko Nagasawa

KNIT RED RUM

刈間哲司によるソロ・プロジェクト。
10代の頃、J-POPとUKロックに触れ、バンド活動を始める。また、ホラー映画をこよなく愛する少年だった。(アーティスト名の由来は最も好きなホラー映画『シャイニング』のワンシーンをヒントにしている)
20代でバンドを解散しソロとして始動。この時期にthe Sweet Onions高口と出逢い、ソングライティング、ライブ活動を行う。
またこの時期エレクトロ・ミュージックにも興味があり、ハウス・ミュージシャンPAX JAPONICA GROOVEの2枚のアルバムでリード・ボーカルとしてレコーディングに参加。
活動休止期間であった20代後半にRon Sexsmithなどのアコースティック系シンガー・ソングライターに影響を受け、今の制作スタイルとなる。

2019年、the Sweet Onionsの高口大輔をプロデューサーに迎え、『TWILIGHT RAIN』を制作。
同年5月、philia recordsより配信限定シングル『TWILIGHT RAIN』をリリース。